読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

江戸アケミ・アレンギンズバーグ・忌野清志郎の本

7月1日投稿(instagram)

 
アケミさんお誕生日おめでとう御座います。
何年か前に買って本棚にあった本を引っ張り出して来てます。久しぶりに読み返したら、全然前に読んだ事結構忘れてました。デビュー当時じゃがたらがライブしてたら、gismの横山サケビが乱入して来た話とか、著者が町田康(町蔵)にアケミさんとのエピソードを聞いたりする話が面白かったな。
あとアケミさんは、四国の高知県四万十川の近くの生まれってのが書いてあって、七尾旅人が、水清いところにはキチガイ表現者(いい意味)が育つと、アケミさんと宇川直宏さんの事をあげてたの思い出したり。
自分の事キチガイだとか自虐的だけど、
彼なりのアケミさん達へのリスペクトだと思うけど 
🎵日本人てくらいね〜
🎵性格がくらいね〜
🎵でも でも でも
🎵思いつくままに動きつづけろ
🎵思いつくままに走りつづけろ
🎵思いつくままに壊しつづけろ
🎵思いつくままに踊りつづけろ
🎵あんた気にくわない 
from 「でも・デモ・Demo」
の歌詞大好きです...メロディーも。
アケミさんが今でも生きてたら、一体どんな曲歌ってたんだろ?
36歳で死んじゃうのとか早過ぎるなぁ...
(1953.7.1〜1990.1.27)
 
f:id:spacemonkeygirl:20160702152943j:image
 
これも遅ればせながら買いました。内容的には、パティ・スミス×フィリップ・グラスギンズバーグのポエトリー・ライブ"The Poet Speaks"のパンフレットとかぶる物もあるのですが、村上春樹柴田元幸によるギンズバーグ5篇の詩の翻訳が載っています。
 
f:id:spacemonkeygirl:20160702153008j:image
これも最近買いました。忌野清志郎の「瀕死の双六問屋」清志郎さんの思い入れのあるディスクガイドにもなってるし、読めば清志郎さんの熱いメッセージが伝わってくる。何より付属のCDに入ってる曲が聴きたかったので嬉しい。 

🎵夢見ることが多すぎて

🎵マトモな仕事はできません

🎵例えば夏のフジ・ロック・フェスティバル

🎵仕事を持ってちゃ観に行けません
🎵フリーターフリーター僕はフリーター
🎵いつでも夢をみる
from「フリーター・ソング」
 
f:id:spacemonkeygirl:20160702153027j:image
 
 
 

UA 「HELLO HAPPY JAPONESIA」LIVE TOUR @味園ユニバース 2016.6.24.(金)

2016.6.24.(金)

UA 「HELLO HAPPY JAPONESIA」LIVE TOUR @味園ユニバース

久しぶりのUAのライブ変わらず最高でした(^_^)ユニバースは七尾旅人解散ライブ以来で久しぶりだったけど、地元大阪でのツアーファイナル千秋楽という事もあり、始まる前から、観客の期待を感じながら熱気ムンムン状態。始まってみると、宇宙を感じさせるユニバースの雰囲気に相まって、歌いながら踊る姿は、まるで宇宙と交信する巫女のようでした。時に力強く、時にしなやかに歌い上げるライブは圧巻で、歌声もデビュー20年経っても健在で、ますます進化しているように感じました。

今回のアルバム中心に、ミルクティーや閃光、踊る鳥と金の雨や生涯初(同じ曲を1回のライブで演奏する事)のダブルアンコールに応えてのまさかの2回目の情熱は本当に鳥肌立ちました。地元愛をひしひしと、感じました。

あと黄金の緑では、味園ビルにUFO降りてくるんじゃないかと思いました(^_^)

この曲やっぱり屋内よりは野外で聴いたら格別なので(フジロックで観た時最高だった)また野音とか野外で観たいな(^_^)

ユニバース追加公演決まったみたいだけど、UAさんこの後沖縄のフェスに出るみたいです。今年は精力的に活動されていて嬉しいです。どうか身体無理せず頑張って下さい。

本当におかえりなさいという感じです。

ありがとう。20周年おめでとうございます。

#ua #hellohappyjaponesia #ユニバース #味園ユニバース #大阪 #osaka #live #ライブ #ウーア #黄金の緑 #20周年 #japo #情熱 

 

 

 

f:id:spacemonkeygirl:20160625224318j:image

 

 

 

Patti Smith Live @Billboard Live Osaka 2016.6.9.

f:id:spacemonkeygirl:20160611153605j:imagef:id:spacemonkeygirl:20160611153540j:imageパティ・スミスLIVE@billboard 2016.6.9.(木) OSAKA昼夜公演観了。東京のフィリップ・グラスとのギンズバーグのポエトリー主体のライブは観れなかったものの大阪でライブが決まったので、迷わず昼夜チケット取ったが、やっぱり観て良かった。

最初に、娘のジェシー・パリスとチベット人のテンジン・チョーギルによる演奏で始まって、テンジンの圧倒的な歌唱に感動。
MCでダライ・ラマの名前が聞こえたけど、曲の説明をしていたのははっきりとわからずだったけど、聴いているのがとても心地良くチベットの雄大な景色が思い浮かぶテンジンのパフォーマンスだった。
10分ほど置いてパティがレニーとジェシーを連れてステージに登場。
前回のバンドとは違い、今回は最小限のアコースティックな演奏なので、演奏出来る曲にも限りがあるように思われたけれど、始まってみたら全然違った。
曲によっては、娘のジェシーがピアノ弾く事もあったけど、レニー・ケイさえそこにいれば、ほとんどの曲は再現出来るのだと思われた。出会ってからずっと45年バンド一緒にやってるんだもんね。まさに阿吽の呼吸だね。
レニーは夫や娘よりずっとパティと一緒にいて、もはや家族以上の存在なんだろう。
一曲目Dancing Barefootで始まり、パティがギターを持ち、椅子に座って、Grateful。
次にHorsesからの曲をやるわと言って、ジェシーがピアノを弾いてRedond Beach。大好きな曲だ。それから東日本大震災で被災された人に捧げたWing。ギンズバーグの詩集HOWLより、Footnote to Howlを。ポエトリーのライブを観れなかった私には嬉しかった。世界のあらゆる物を慈しみ時に激しく時には温かく言葉を紡いでゆくパティの姿に本当に魂を揺さぶられた。
そして、レニーのギターのイントロだけで泣けてくるプリンスの曲When Doves Cry。
歌だけでなく、詩を朗読するスタイルで途中から、パティが感情を込めて言霊をぶつける度に胸がつぶれる位、何度も涙が溢れそうになった。歌の最後にプリンスの名前をつぶやくと会場は割れんばかり拍手に包まれた。
続いて、パティが再びギターを弾きながら歌ったウィリアム・ブレイクの事を歌ったBlakean Year。
曲の紹介の時にモハメド・アリの為に捧げると歌われたBeneath The Southern Cross。
エイミーワインハウスの為に歌われたAbout The Girl。
そして初期の名曲Pissing In A Riverを6月9日に誕生日を迎える友人ジョニーデップの為に歌った。パティがその日履いていたブーツはジョニーに贈られた物らしく、すごく履き心地が良くて気に入っているのとはにかんで見せた笑顔は少女のようだった。
 
ライブが進むにつれ既に会場の雰囲気は最高潮になって来ていたところに、たたみかけるように最愛の夫のフレッドの事を綴った愛の歌Bcause The Nightで止めを刺された。
この曲だけはライブでは必ずやるけど何回観ようがやっぱり良い物は良いのだ。 
会場の雰囲気も最高の形で、一旦ステージを後にするパティ達。拍手は鳴り止まずすぐにステージに再び現れて始まったのが、Banga。気付けば観客は総立ちに。
歌の途中で、パティがギターの弾ける人いない?と観客に投げかける。
なかなか見つからないけど、1人の男性が手を挙げステージに呼ばれる。トシと名乗ったニルヴァーナTシャツを着た男性がパティからギターを受け取り、弾くように促され、レニーと一緒にギターをかき鳴らす。
観客たちは、みんな犬になりパティと共にワウワウ叫び、時にパティはマイクを観客に向け、一緒に歌い会場全体が一つになりライブを楽しんだ。
そしてラストにPeople Have The Powerの大合唱でライブが終了。詩の朗読を含めて全13曲。昼夜公演続けてみて、同じ曲を演奏していたけど、夜の公演では、嬉しい誤算があった。エイミーの事を歌ったAbout The Girlをやろうとしたけど、パティが何度も歌い出しを失敗して、少し体調を心配になったが、3回位やっても上手く行かないので気分を変えて、他の曲やるわとGloriaをやってくれたのが、何よりのサプライズだった。夜公演観られた人はラッキーだったーかもしれない。
最初にも言ったけど、エレクトリックな編成でドラムもない状態で、少し物足りない気がすると思うかもしれないが、全然そんな事はなく、レニーさえそこにパティさえいればどんな曲も再現出来る事を再認識させられた。
2001年のフジロックで初めてパティのライブを観て以来、今回のポエトリーを除いて皆勤賞で、ライブで観るのは、9回目だけど、毎回観る度に更なる感動を与えてくれるパティ。志摩遼平さんのツイートで、ライブ中ずっと泣いていたって気持ちすごくわかります。好き過ぎて何回観てもやっぱり泣いちゃうんだよね。
前座のチベットの歌含めて、いつもパティには、大きな愛と芸術を愛する大切さ、そして世界の問題に目を向ける事をいつも教えられる。
6月9日に69歳のパティのライブを二回も観られた私は本当に幸せ者です。
いつもライブは一期一会だという気持ちでライブを観るけど、
どうかパティ様いつまでも元気でまた日本に来て下さい。
#pattismith #lanykaye #jessiparissmith #tenzinchoegyal #live #gig #goddess #diva   
#6月9日 #0609 #ロックの日 #パティスミス #allenginsberg #love
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:spacemonkeygirl:20160611153527j:image

Mogwai Play Atomic @Big Cat Osaka 2016.5.31.

Mogwai Play Atomic観て来ました。観る前から核と人類の歴史を追ったBBCのドキュメンタリー"Atomic: Living in Dread and Promise"の映像と共に新しいアルバムAtomicの曲を再現するという事を知っていたので、単純に楽しむ種類のライブではないと知っていたので覚悟していきました。

 
テーマがテーマだし、私達日本人にとってはヒロシマナガサキフクシマなどの辛い場面もあったのですが、何とか最後まで目をそらさずに観る事が出来ました。
 
モグワイの映像とのシンクロ率はやはり素晴らしく、映像に合わせて作られたのですから当然なんですが、初めてのモグワイのライブが、反核という強いメッセージを観た人に届ける意味のある特別なライブであった事を嬉しく思います。
 
ライブが始まる前から無音にして、否応なく観客にライブに集中させる演出や、映像において今日の私達に革命的な進歩と共に核兵器という脅威をもたらし、
その結果辿って来た悲しい歴史を描きながら、
 
最後に核がある限り人類に未来はないと私達に強いメッセージを伝えてただ淡々と演奏をやりきったモグワイに賛辞を送りたいです。
 
本当に貴重な体験をさせて貰いました。
 
観る前から、映像主体でライブをやる事は分かっていて観に行ったとは言え、やはり最初からすごく力が入って、映像が映像だけに、疲労感がものすごく残るライブにはなりました。ただ体験する事で感じる事も多くあったので良かったかなとは思います。演奏は本当に素晴らしかったので。
 
ここからは個人的な希望ですけど。
今回のような形は、私は一度でいいのでまたどこかで、音楽だけのライブやって欲しいなぁと思いました。
 
明日の広島でのライブ、広島の人はどう感じるだろう?
 
日本最後に広島でやる事が、モグワイにとっても特別な事なんだろうな。
 
観られた人にとって良い体験だったと思えるライブになる事を心から願うばかりです。
f:id:spacemonkeygirl:20160611153127j:image
#mogwai #mogwaiband #atomiclivingindreadandpromise #BBC #MogwaiPlayAtomic #antinuclear #nonukes #nowar #antiwar #worldpeace #gig #osaka #bigcat #thoughtprovoking #documentary #モグワイ #反核 #反戦 #世界平和